「心が疲れた…仕事を休みたい…」それは限界が近いかもしれません。

HSPの仕事・転職

精神的にしんどい。

1日出勤するだけでも精神が不安定になる…

心を休めるためにも仕事を休みたい。

毎日精神的に疲れる仕事をしていると、出勤するだけでも疲れますよね。

職場では大丈夫という風に振る舞っているけれど、家ではぐったり…

この状態、いつまで続くんだろうと不安になり、また精神的に辛くなります…。

そこで今回は、心が疲れて仕事を休みたい方へ向けて、

【限界が近づいていないか?】についてまとめました。

無理して限界のサインを見逃してしまうと、今日1日の出勤だけでなく、今後何年も働く事が怖くなる可能性があります。

今日しんどいと感じるのであれば、あなたのためにも心が風邪を引いてしまったと思い、お休みしても良いと思いますよ。

無理して頑張りすぎないでね。


\この記事を書いた私について/

\心を休める、今回の内容/

  1. 「心が疲れた…仕事を休みたい…」辛い時は休みましょう。
  2. 心が疲れて仕事を休みたい時、こんな状態になると限界が近いです。
  3. 休むことに抵抗がある場合は、在職中の転職活動を
  4. 休む事もあなたを守る手段です。


スポンサーリンク

「心が疲れた…仕事を休みたい…」辛い時は休みましょう。

精神的にしんどいから休むなんて…

ずる休みみたいで抵抗がある…

真面目な方ほど、こう考えてしまうと思います。

しかし、熱が出ていないだけで、ここまで思いつめてしまうのは休まなくてはいけないサインです。

あなたの心はすこし風邪を引いてしまったのだと思いましょう。

心の中に溜まった疲れを癒してあげるためにも、休みを取ることは必要です。

今日はゆっくり、自分の心を休めるために過ごす1日にしましょう。

まずは自分で自分を大切にしてあげよう!


スポンサーリンク

心が疲れて仕事を休みたい時、こんな状態になると限界が近いです。

次に、【限界が近い状態】についてまとめました。

まだいける。大丈夫…

と思い、頑張りすぎてしまうと最悪働けなくなってしまいます。

無理をすることはやめて、辛い時は自分を守るため、ストレスの原因から距離を置きましょう。



出勤時間になると腹痛・吐き気がする

不調が出る場合は、限界が近いです。

毎日の出勤でこのような不調が出る場合は注意してください。

仕事を辞めることでしか

改善できない…


眠たいのに眠れない

明日の仕事を考えると眠れない…

このような日々が毎日続く場合は危険です。

睡眠不足はミスを生み、集中力も低下させます。

ネガティブにもなりやすく、どんどん落ち込んでしまいます。



落ち込みやすくなる

仕事は1日の多くを費やすものです。

無理して仕事を続けていると、精神的に不安定になります。

放置すると、最悪働けなくなってしまいます!

我慢しないで!


感情が不安定になる

突然涙が出てくる、逆にやる気になることもあります。

感情が日によってジェットコースターのように変わっていました。

仕事を続けていると、やる気が出るとき・落ち込むときはありますが

あまりにも感情が不安定な場合は限界が近いサインです…



休むことに抵抗がある場合は、在職中に転職活動を

今の仕事は辛いけど、辞めたらお金が…

とりあえず耐えるしかないのかな…

そんなあなたは、難しいかもしれませんが、在職中に少しでも転職活動を始めてみましょう。

応募しなくても良いです。

他にも自分に働ける会社はあるんだ!と思うだけでも、精神的に楽になりますよ。

あなたが働ける場所は、今いる場所だけではありません。

転職活動の進め方について書いています



転職するかは決めていなけれど、

この苦しさの原因が知りたい…

そんなあなたは、自己分析で今の苦しみの原因を探してみましょう。

個人的に、転職サイトミイダスの自己分析は、ストレス要因・適職などを本格的に診断できオススメです。

私のミイダスでの診断結果です(無料でできます)




休むこともあなたを守る手段です

精神的に限界を迎えていることは、自分ではなかなか気づきにくいです。

まだ頑張れる…と耐えているうちに、限界を超えてしまう場合もあります。

この記事を読んでいるあなたは、きっと限界が近く、どうにか今の状況を変えようと検索をしてここにたどり着いたのだと思います。

どの記事を読んでもきっと、限界が近い場合は休みましょうと書いているはずです。

私も他の方と同じように、あなたに伝えます。

心が疲れた時は、あなたを守るためにもしっかり休みましょう。




辛いとき、言葉はあなたのためだけに寄り添ってくれます。

私が苦しい日々を生き抜けたのは、読書のおかげです。


あなたにとっての幸せはここにはありません

SNSに疲れていませんか?


コメント

error:Content is protected !!